2013年06月20日

ネットコム、「手書き文字認識エンジンSDK」を販売 ~スマートデバイスの入力多様化に対応~

ネットコム株式会社   http://www.netcom-jp.co.jp/

組込み開発を専門とするネットコム株式会社(所在地:東京都小金井市 代表取締役:内田広巳)は手書き文字認識エンジンの販売を開始した。製品詳細URL: http://www.netcom-jp.co.jp/

iPadやGALAXY Noteをはじめとするスマートデバイスや業務用の医療(電子カルテ)・教育・学習・保険・金融・官公庁などのアプリケーション等も入力環境の多様化が必須になってきおり、手書き文字認識技術が採用され始めています。
特に日本の手書き文字は、縦、横、斜め等の自由な発想で表現されるため、単語認識、文意認識が必要になります。 この様な日本語環境をサポートすると共に「手書き文字認識SDK」は、各種機器に最適なSDKとして認識率や処理速度においても優れたエンジンとなっている。  

【SDKの特徴】
1 対応言語: 日本語、英語
2 ハイブリッドエンジン(オンライン・オフラインエンジン搭載)により、くせ字、続け字、2度書き、重ね書きに頑健
2 縦・横・斜め書きの認識も可能
3 高精度な認識率を実現:筆記面に文字記入枠などを設けずにユーザが自由に手書き文字列を筆記する場合には95%以上、筆記枠を設ける条件では99.5%以上の認識率を達成
4 高速化技術の採用により、待ち時間がほとんどない認識速度を実現

【使用環境】
Windows、Android、iOS

【ネットコム株式会社について】
1995年11月に設立して以来、ルータ、IP-PBX、STB等の通信機器組込み開発ソリューションを提供してきました。 当社に関する詳細情報は、ホームページ( http://www.netcom-jp.co.jp/ )をご覧ください。

※このプレスリリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
ネットコム株式会社
担当 : 内田 広巳
電話 : 090-1730-2304
E-mail: sales@netcom-jp.co.jp