2015年06月23日

高円寺阿波踊りも!福生七夕祭りも!地域密着型Jリーグも!デザインコンテストで地域活性化!カラフル・ボードのクラウドソーシングサービス!

カラフル・ボード株式会社   http://www.colorful-board.com/

カラフル・ボード株式会社(本社:東京都渋谷区代表取締役CEO:渡辺祐樹以下、カラフル・ボード)は、ソーシャル・デザインプラットホーム「COLORFULBOARD」で地域活性化を目的としたデザインコンテストを多数開催中です。

「COLORFUL
BOARD」とは・・・
ソーシャルメディアを活用し、ユーザー参加型で商品開発・プロモーションを行うソーシャルデザイン・プラットホームです。数百名のクリエイターが参加し、毎月約100件のデザインが投稿され、Facebook やTwitter などソーシャルメディアと連携したスコアリング(投票)により人気デザインを製品化、販売しています。
現在開催中のセレッソ大阪「CEREZO OSAKA MEGA STORE」1st アニバーサリー企画をはじめ、数多くのJ リーグチーム、新日本プロレス、JBL プロバスケットボールチーム等、50 回を超えるデザインコンテストをネット上で展開している

・ブラウブリッツ秋田オリジナルT シャツコンテスト
・オールスタープロチアリーダーズロゴコンテスト
・東京高円寺阿波踊りオリジナルT シャツコンテスト
・福生七夕祭りオリジナル手ぬぐいコンテスト
・Two week challenge
・Order Made

【スポーツチームや地域のお祭りがなぜ?「COLORFUL
BOARD」でグッズを作る3つの理由】
1,発売される前のストーリーがPR 効果となる。
デザインが投稿され、そこに評価があり、順位が出る。そこで結果を残した物が公式グッズとして、採用となる。
デザイナーとしても、企業、地域としても、応援者としても、そこに気持ちができることで、販売前に認知してもらうことが可能となる。

2、ファン参加型で消費を刺激
どの団体も、サポーターから、ファン参加型企画の要望が常にあります。
その中で、「COLORFULBOARD」は誰でもデザインを投稿、評価ができ、運営目線ではなく、サポーター目線でグッズを作成できます。サポーターのみならず、デザイナーや他のコンテストの好きな方が集まっているため、面白アイディアが続々集まってきます。
3、圧倒的なコストパフォーマンスの良さ。
公募企画は、通常のグッズ作成よりも費用がかかるが、「COLORFULBOARD」は、売上げ予測もある程度立てることもでき、費用を限りなく抑えることが出来る。web での受注生産により、在庫コストをゼロにすることも可能となる。

社名:カラフル・ボード株式会社
所在地:東京都渋谷区渋谷1-8-7第27SYビル3F-B
代表者:代表取締役CEO:渡辺祐樹
運営会社ホームページ: http://www.colorful-board.com/

◇◆◇本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先◇◆◇
カラフル・ボード株式会社
広報担当:石井
番号:03-6419-7242
E-mail: y-ishii@colorful-board.com