2018年10月01日

~箱根の森の“未病”改善プロジェクト~森林セラピー®&森ヨガ体験イベント
食・運動・癒やしを融合した「はこじょマルシェ 2018」開催
2018年10月13日(土)10:00~16:00 会場:芦ノ湖畔 箱根やすらぎの森

一般社団法人はこねのもりコンソーシアムジャパン   http://hakojo.com/

「はこねのもり女子大学(通称:はこじょ)」を運営する一般社団法人はこねのもりコンソーシアムジャパン(所在地:神奈川県足柄下郡、代表:木村容子)は、自然の中での「食・運動・癒やし」をテーマとした未病改善イベント「はこじょマルシェ 2018」を、箱根町と共同で2018年10月13日(土)に開催いたします。

イベント概要: http://hakojo-lab.jp/e5

箱根町では2016年より、はこねのもり女子大学と共同で「はこじょ森林セラピー®プロジェクト」と称して未病改善プログラムを企画・実施してまいりました。本年も3回目のスペシャルイベントとなる「はこじょマルシェ2018」を開催いたします。

会場となる芦ノ湖畔 箱根やすらぎの森は、2016年に「森林セラピー®基地」として正式に認定された場所で、富士山や芦ノ湖の眺めがよく森林ウォーキングなどを楽しめる緑いっぱいのエリアです。

当日会場では、森林セラピスト®による森の楽しみ方のレクチャーや3種の森ヨガイベントをご用意している他、森の中でフォレストキッチンやハンモックイベント、ふくろうとのふれあい体験イベントなど、食・運動・癒やしをテーマに、未病を改善するイベントとなっております。

 

「はこじょマルシェ 2018」開催概要
日時:2018年10月13日(土)10:00~16:00
場所:芦ノ湖畔 箱根やすらぎの森

<イベントプログラム>
●森林セラピー®ツアー「はこじょウォーク&リラックス」
(各回定員30名) 参加費:各回500円(要事前参加登録)

●はこじょオリジナル森ヨガ(全3コース/各回定員100名)
「Forest therapy yoga」
「繋がる親子YOGA」
「森林ヨガセラピー」
参加費:各コース500円(要事前参加登録)

●はこねの森でふくろうとふれあい体験
●ワクワク!たのしい!パネルシアター(人形劇)
●小さなクリスマスツリーを作ろう!
●森のハーブとアロマのワークショップ
●はこじょオリジナルのアウトドアクッキング体験
●ハンモックカフェ

(★今年初開催★フェスでも人気のHammock2000とコラボ)

その他「はこじょハンドマーケット」として、五感(聴く・観る・触れる・嗅ぐ・味わう)を磨くハンドメイド作品や地産品、ヘルシースイーツ、アロマトリートメントなどなど多数出展予定です。

【ランチ販売】はこじょ天女さまのおむすび弁当
(特別監修:永山久夫先生)(500円・限定200食)

人形劇やふくろうとのふれあい体験などお子さま向けイベントも盛りだくさん

時間など詳細や参加登録はコチラから: http://hakojo-lab.jp/e5

【会場】
〒250-0521 神奈川県足柄下郡箱根町箱根381-4
TEL 0460-83-6006
箱根町立 森のふれあい館

S_8595227902094

■交通アクセス
【バス】
箱根登山バス「箱根町港」下車
※箱根町港から会場まで無料送迎あり
アクセス詳細は公式HPにてご確認ください

【車】
箱根新道「箱根峠IC」からすぐ。駐車場完備。

 

箱根町森林セラピー弁当も販売します!
『はこじょ天女さまのおむすび弁当(特別監修永山久夫先生)』
200食限定 特別価格500円

 

「森林セラピー®」とは
「森林浴」という言葉は、実は日本が発祥の地だとご存知でしょうか。健康・保養のために森林を活用しようと林野庁が初めて「森林浴」という言葉を提唱したのが1982年。それから科学的検証も進み、2004年からNPO法人森林セラピーソサエティにより、医学的な証拠に裏付けされた森林浴効果のことを「森林セラピー®」と名付けられるようになりました。様々な研究の結果、森林浴にはストレスや不安を緩和するだけでなく、ヒトNK細胞を活性化することも判明し、さらにその効果は1ヶ月間以上も続くことなども分かってきています。

ストレスホルモンが減少!?森林の効果とは
生理・心理・物理実験を、都市部と森林部で行った結果、唾液の中のストレスホルモン「コルチゾール」が都市部に比べ、森林では濃度が低くなるということがわかりました。また、心拍の「ゆらぎ」の測定で、森林ではストレスの高い時に高まる「交感神経活動」が抑制され、リラックスした時に高まる「副交感神経活動」が昂進するということ、さらに脳の前頭前野の活動が鎮静化しリラックスすることがわかりました。免疫能についても2泊3日の森林浴でNK活性(ナチュラルキラー活性)が高まることがわかりました。

※イベントでは、唾液アミラーゼ測定によるストレスチェックを行います。

(独)森林総合研究所、千葉大学環境健康フィールド科学センター、日本医科大学、日本衛生学会・森林医学研究会による、生理・心理・物理実験等により、森林のもつ「癒やし」効果の科学的解明に関する研究より

 

 森林浴の効果

 

箱根町の「森林セラピー®基地」と「森林セラピー®ロード」に関して

クリップボード04

「森林セラピー®基地」とは、リラックス効果が森林医学の面から専門家に実証され、さらに関連施設などの自然・社会条件が一定の水準で整備されている地域のことです。各地の森林セラピー®基地では、訪れる人々のために健康増進やリラックスを目的としたさまざまな森林セラピー®プログラムが用意されており、利用者は森林ウォーキングのほかにもさまざまな健康増進プログラムを楽しむことができます。

箱根町では「箱根やすらぎの森」を拠点として、芦ノ湖周辺エリア全体が森林セラピー®基地として認定されました。「箱根やすらぎの森」は、芦ノ湖の南岸にあり面積は44.4ha。富士山や芦ノ湖などの眺めが良く、緑いっぱいの自然に囲まれています。

「森林セラピー®ロード」とは、フィールド生理心理実験に基づき、専門家による科学的効果の検証がなされて認定された散策路を指します。森林セラピー®ロードは、主に緩い傾斜で構成されており、一般の歩道よりも道幅を広く取り、歩きやすさを考慮するなどの配慮がされたコースを中心に選定されています。

「箱根やすらぎの森」では、「森のふれあい館」から「森の広場」までの往復約1,000mの道が「森林セラピー®ロード」に認定されました。

未病改善プロジェクト 「はこじょ森林セラピー®プロジェクト」とは
神奈川県が推進する「県西地域活性化プロジェクト」の一環として箱根町が主催する、“未病”を改善することを目的としたプロジェクトです。はこねのもり女子大学や昭和女子大学のマーケティングゼミの学生などが共に協力し、これまで約3年の期間、五感を使った各種体験イベントを企画・実施してまいりました。この度、芦ノ湖周辺エリアが森林セラピー®基地に認定されたことで、今後はさらに森林セラピー®と関連させたオリジナルの未病改善体験イベントを定期的に開催していく予定です。

「未病」とは

クリップボード05

人の健康状態は、「ここまでは健康、ここからは病気」と明確に区分できるわけではなく、健康と病気の間で連続的に変化しており、その状態を未病といいます。「未病を改善する」とは、特定の病気になってから治療するのではなく、普段の生活において「心身の状態を整えて、より健康な状態に近づける」ことです。神奈川県では、県西地域を「未病の戦略的エリア」に位置づけ、「未病を改善する」をキーワードに各地域の魅力をつなげて新たな価値を創出し、地域の活力を生み出すため、県西地域活性化プロジェクトを推進しています。

therapy_lab_yoko
http://hakojo-lab.jp
森林セラピー®の普及を目指し国内初となる森林浴総合情報サイト「はこじょ森林セラピー®ラボ」をOPEN!

未病の改善や森林に関する様々な情報を発信しています。

「はこねのもり女子大学」について
「はこねのもり女子大学(はこじょ)」は、一般社団法人はこねのもりコンソーシアムジャパンが運営する、体験学習と交流を目的としたコミュニティです。はこねが大好きな女子たちが集い、ともに学び、楽しみながら、はこねの新しい魅力を創出していくことを推進します。毎月、箱根や東京キャンパスを中心に、五感を通して女性がしなやかに生きる知恵を身につけていただくための、特別カリキュラムを提供しています。

<組織概要>
団体名  一般社団法人はこねのもりコンソーシアムジャパン
設立   2014年1月14日
住所   〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817
代表理事 木村 容子
URL    http://hakojo.com/

※学校教育法上で定められた正規の大学ではありません。一般社団法人 はこねのもりコンソーシアムジャパンが運営する体験学習と交流を目的としたコミュニティです

※「森林セラピー®」「森林セラピスト®」「森林セラピー®ロード」は、特定非営利活動法人 森林セラピーソサエティの商標または登録商標です。 
NPO法人森林セラピーソサエティ: http://www.fo-society.jp/