2019年03月04日

ファンテックのデジタルサイネージ「OTOMO」に音声合成機能が新搭載! 「OTOMO TALK」にAITalk(R)が採用

株式会社エーアイ   https://www.ai-j.jp/

株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、証券コード:4388、以下エーアイ)は、システム構築・アプリ開発のファンテック株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:仲島 正浩、以下ファンテック)が提供中のレンタルデジタルサイネージシステム「OTOMO(オトモ)」へ2019年3月4日より追加される新機能「OTOMO TALK(オトモ トーク)」に音声合成AITalk(R)が採用されたことをお知らせします。

AITalk(R)を活用した「OTOMO TALK」は、2019年3月5日~8日に東京ビッグサイトで開催されるリテールテックJAPANで初公開されます。

■「OTOMO」へのAITalk(R)採用について
この度AITalk(R)は、ファンテックが提供するレンタルデジタルサイネージシステム「OTOMO」のオプション機能として新提供する音声合成機能「OTOMO TALK」に採用されました。エーアイの音声合成「AITalk(R) SDK」が「OTOMO」のサイネージ端末内に組み込まれることにより、ユーザーが作成したテキストをリアルタイムに音声変換し、ナレーション音声として再生することができます。

■「AITalk(R)SDK」について
「AITalk(R) SDK」製品サイト
https://www.ai-j.jp/products/sdk/
aitalk_sdk

「AITalk(R) SDK」は、WindowsOS・LinuxOSに対応した機器組み込み向けリアルタイム音声合成エンジンです。ライブラリ(dllまたはso)の提供形態で、ライブラリ(dllまたはso)の提供形態で、パッケージソフトやロボット、デジタルサイネージなどに搭載することにより、人間らしく自然なAITalk(R)の音声で自由に音声合成をすることができます。

■「OTOMO」について
「OTOMO」はレンタルで利用できる、デジタルサイネージシステムです。
月々のお支払いを安くしたレンタルでの導入。すぐに使える様に、ディスプレイから設置台まで必要なものを全てパッケージ。
これからデジタルサイネージを始めたいといった方に最適なシステムとなっています。展示会などの利用から、お店の看板としてのレンタルまで、短期、長期のどちらのご利用でも格安な料金設定となっています。 インバウンド向けとして他言語表示や、動画を使った飲食店への誘導。飲食チェーンや、家電量販店から個人のお店まで、全国に多数導入頂き、売り上げの向上や販促コストの削減など、多くの実績を残しています。

●「OTOMO」サービスページ(ファンテックサイト): https://www.o-to-mo.com/

■音声合成AITalk(R)とは
AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。
●3つの特徴
(1)豊富な話者と言語
日本語話者は大人から子供まで男女15種類、関西弁にも対応。言語の種類は36種類以上の豊富な音声ラインナップ。
(2)感情表現も実現
使用するシチュエーションやご用途に合わせた喜怒哀楽の感情表現を実現。
(3)誰の声でも合成データに
芸能人や声優、自分の声でも短時間の収録で音声合成用データに変換。
※1:プランにより収録文章数が異なり、また個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。
※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成方法をご提案いたします。

■株式会社エーアイ 会社概要
ホームページURL: https://www.ai-j.jp/
本社:東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル10階
設立:2003年4月
事業内容:音声合成エンジン及び音声合成に関連する
ソリューションの提供

※掲載されている会社名・製品名・サービス名は各社の商標または登録商標です。