まるごと広報代行サービス PRナビ > リリース > インテリア・雑貨・住宅 > 学校の机に備えておける子ども用折りたたみ防災ヘルメット「フラットメット キッズ」 6月21日新発売 <国家検定合格品>折りたためばランドセルにも収納可能
    【同時調査】小学生保護者の4割が防災頭巾の安全性に不安
    学校における子ども専用の防災ヘルメット備蓄率は2割に留まる
2019年06月24日

学校の机に備えておける子ども用折りたたみ防災ヘルメット「フラットメット キッズ」 6月21日新発売 <国家検定合格品>折りたためばランドセルにも収納可能
【同時調査】小学生保護者の4割が防災頭巾の安全性に不安
学校における子ども専用の防災ヘルメット備蓄率は2割に留まる

ミドリ安全.com   https://ec.midori-anzen.com/shop/e/ef_fmet_k/

安全靴や作業着等を販売する通販サイト、ミドリ安全.com( https://midori-anzen.com/ )は、子ども用の折りたたみ防災ヘルメット「フラットメット キッズ」を、2019年6月21日(金)に各種WEBサイト等で発売しました。

フラットメット キッズ: https://ec.midori-anzen.com/sh……ef_fmet_k/

Flatmetkids_1
フラットメット キッズ
価格:3,900円(税別) 

Flatmetkids_2
折りたためば幅約4.2cmに!ランドセルにも入るサイズです

机
学校の机に下げて保管できます

2017年より販売している折りたたみ防災ヘルメット「フラットメット」の子ども用となる本製品は、大人用と同様に安全性を追求し、厚生労働省の保護帽の規格「飛来・落下用」を取得した国家検定合格品の防災ヘルメットです。

本体が390gと軽量化を実現し、折りたたんで収納することができます。ヘッドバンドを調整することで47~57cm(頭囲)までサイズ調整が可能で、お子さまの成長に応じて長くお使いいただくことができます。
家庭内での保管はもちろん、学校の机にかけて保管できるよう、フック付きの保管袋を付属。折りたためばA4クリアファイル対応のランドセルにも入れることができ、学校への持ち運びにも便利です。

Flatmetkids_6
お子さまの成長に合わせて

ヘッドバンドで47~57cmまで調整可能

「子ども用ヘルメットを小学校に備えている」わずか2割

グラフ2e3%83%951-6/” rel=”attachment wp-att-63539″>グラフ1

小学生のお子さまを持つ保護者500名にアンケートを行なったところ、小学校に子ども専用のヘルメットを備えていると回答した方は2割に留まることが分かりました。

いつ起こるか分からない地震や災害に備えるため、家庭だけでなく学校や職場など、それぞれの場所に個人専用の防災ヘルメットを備えておくことをお勧めします。

​フラットメット キッズの特長

・厚生労働省の保護帽の規格「飛来・落下用」の国家検定合格品(国内製造)
・重さ390gの軽量設計
・ヘッドバンドの調整で頭周り47~57cmまで調整可能
・たたんでコンパクトに収納できます(収納時の幅 約4.2㎝)
・フックを使い学校の机などに下げて保管することができます
・A4クリアファイル対応のランドセルに入れて持ち運べます 

Flatmetkids_10r
お子さまでも簡単に装着・収納できます

Flatmetkids_9r
フック付きの袋に入れて保管できます

Flatmetkids_11r
備えあれば憂いなし
家族みんなで防災対策

使い方

防災頭巾の安全性に不安!?8割の保護者が小学校にはさらなる防災対策が必要と回答

グラフ2

グラフ3

2010年に国民生活センターが安全性を調査するなど、防災頭巾の安全性に関して不安を抱く保護者の方は少なくありません。そこで防災頭巾でお子さまの頭部の安全がしっかり守られると思うかどうかを聞いたところ、「全く守られると思わない」が8.4%、「あまり守られると思わない」が31.0%と、合わせて39.4%の保護者が防災頭巾の安全性に疑問を感じていることが分かりました。
また、お子さまが通う小学校ではさらなる防災対策が必要だと感じるかを聞いたところ、「強く感じる」が19.8%、「どちらかというと感じる」が57.0%と、合わせて76.8%が防災対策の強化が必要と感じていることも分かりました。

子ども用防災ヘルメットを家庭に備えている 19.4%

 グラフ4

家庭に子ども専用の防災ヘルメットを備えているかどうかを聞いたところ、「現在備えている」と回答した方は19.4%に留まり、また防災ヘルメットに子ども用があること自体を3割の方が知らないという実態が分かりました。子ども用の防災ヘルメットを備えていない理由を聞いたところ、最も多かった回答は「コストがかかるため(48.1%)」となりました。

防災ヘルメットは国の安全基準をクリアしたものを選びましょう

グラフ5

国家検定をクリアしたヘルメットは「保護帽」と呼ばれ、子ども用の防災ヘルメットにもこうした一定の安全基準が設けられています。

子ども用の折りたたみヘルメットにも、こうした安全基準があることを知っているかを聞いてみたところ、76.2%の方が知らないと回答しました。一般にはあまり知られていない防災ヘルメットの国家検定ですが、安全のためにも防災ヘルメットや折りたたみヘルメットを購入する際は、国家検定合格品を選ぶことをおすすめいたします。
※今回発売した「フラットメット キッズ」は、厚生労働省の保護帽の規格「飛来・落下用」を取得した国家検定合格品の防災ヘルメットです。

「折りたたみ防災ヘルメット」6割が子どものために購入したいと回答

グラフ6

最後に「子ども用折りたたみ防災ヘルメット」を子どものために購入したいか聞いたところ、「とても購入したい」が17.8%、「どちらかというと購入したい」が42.2%で、合わせて6割の保護者が子どものために購入してあげたいと思っていることが分かりました。

備えあれば憂いなし。この機会にご家族でも防災グッズを見直すとともに、お子さまに「フラットメット キッズ」などの防災グッズをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

<調査概要>
有効回答数  小学生のお子さまを持つ全国の女性500名
      (小学校1~2年児の母親:167名、小学校3~4年児の母親:167名、小学校5~6年児の母親:166名)
調査期間   2019年6月13日~2019年6月16日
調査方法   インターネットリサーチ
※本リリースによる調査結果をご利用いただく際は「ミドリ安全調べ」と付記のうえご使用くださいますようお願い申し上げます。

ミドリ安全公式通販サイト『ミドリ安全.com』では 、個人購入のお客様限定でお買い求めしやすい送料無料セット商品など多数ご用意しています。

【通販サイトURL】
■ミドリ安全.com https://midori-anzen.com/
■楽天市場 https://www.rakuten.ne.jp/gold……dorianzen/
■Amazon https://www.amazon.co.jp/b?ie=……TWJ1L678G7
■Yahoo!ショッピング https://store.shopping.yahoo.c……index.html
■Wowma! https://wowma.jp/user/23824472

※尚、プレスリリースに掲載されている内容、製品価格、仕様、サービス、お問い合わせ先、
その他の情報等は発表時点の情報となります。その後予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。

【商品に関するお問い合せ先】
ミドリ安全.comコールセンター
URL: https://midori-anzen.com
TEL: 0120-310-355