2014年03月25日

~野生獣を食べることへの関心度は全体の9割以上~ 新たな地域資源として活用が期待される「ジビエ」 (全国3403人の)アンケート調査結果から

株式会社地域環境計画   http://www.choujuhigai.com/

『鳥獣被害対策.com』を運営する株式会社地域環境計画では「2014年ちいかんオリジナルカレンダープレゼント」に際し、「野生獣害とジビエについての関心度」をテーマに、インターネットアンケート調査を行いました。

近年、全国各地域でシカやイノシシ等の野生鳥獣による様々な被害が深刻化し、被害額は農作物だけでも年間230億円(平成24年度
農林水産省調査)に上っています。
被害拡大を防ぐ為の方法は「捕獲」が中心ですが、捕獲後廃棄される鳥獣を「森の恵み」として捉え、「食べる」=ジビエという発想が注目されつつあります。
アンケート調査は「ジビエ」が鳥獣被害対策のアプローチ、新たな地域資源となるのかという点に着目したものです。
その結果、「自然や鳥獣害、ジビエへの関心度」については、「非常に関心がある」「ある程度関心がある」など、何らかのかたちで関心を持っている人が約9割と、全体的に高い関心を持つ傾向にあることがわかりました。他にも、「鳥獣被害の実態を初めて知った」「より自身のこととして関心を持った」「農林業従事者の苦労が理解できた」「自然環境衰退への不安」など、多くの意見が寄せられ関心の高さが示されました。

【アンケートの概要】
●実施期間:2013年11月1日(金)~ 2013年12月6日(金)●有効回答数3403
●アンケートの方法:弊社WEBサイトでのインターネット調査
●テーマ:野生獣害とジビエについての関心度 ●対象:全国 ●年齢層 10代~80代

『鳥獣被害対策.com < http://xn--cctsgz40ewihrlrvt2a.com >
』と株式会社地域環境計画は、今後も行政、農林業関係者、団体等と連携し、地域の鳥獣被害対策をサポートしていきます。
・WEB版プレスリリース(アンケートの詳しい結果をご覧ください) http://www.chiikan.co.jp/
・鳥獣被害対策.com < http://xn--cctsgz40ewihrlrvt2a.com  >のページはこちら
http://www.choujuhigai.com/
・アンケート結果に関するお問い合わせは下記、広報グループまでご連絡ください。

■ 本紙の情報はご自由にお使いください。

■ 本件に関するお問い合わせ先:
株式会社 地域環境計画 広報グループ
担当:中 山
Tel:072-684-3182 Fax:072-684-3184
E-mail : nakayama@chiikan.co.jp
URL: http://www.chiikan.co.jp

■鳥獣被害に関するお問い合わせ先
野生生物管理事業部
担当:宮畑、小野
Tel:03-5450-3700 Fax:03-5450-3701

会社概要
株式会社地域環境計画
本社所在地:東京都世田谷区桜新町2-22-3 NDSビル
電話:03-5430-3700 FAX:03-5430-3701
代表者:代表取締役 髙塚 敏
設立:昭和56年6月8日
資本金:1,000万円
業務内容:動植物調査・自然環境に関するコンサルティング、エコ関連商品販売
支社:札幌,仙台,東京,名古屋,大阪,福岡
鳥獣被害対策商品販売サイト
http://www.choujuhigai.com/

株式会社地域環境計画は「生きものと共生する地域づくり・人づくり」を経営理念として、全国6箇所に支社を展開しています。環境に関わる活動に取り組む様々な主体と協働の輪を広げ、当社の「生きもの技術」で生物多様性の保全に貢献します。