2012年11月27日

兼新電機株式会社、陸屋根用架台基礎ブロック[SUN BASE]を開発 従来の工法に比べ施工時間の圧倒的な短縮が可能に

兼新電機株式会社   http://kaneshindenki.co.jp/
電設資材を取り扱う、兼新電機株式会社(名古屋市中川区、代表取締役・伊東勇夫)は、太陽光発電システム陸屋根用架台基礎ブロック「サンベース(SUN BASE)(品番KSB200)」を開発し、本日より販売を開始しました。
 
「陸屋根用架台基礎ブロック[SUN BASE](資料 http://kaneshindenki.co.jp/pdf……unbase.pdf )」は、アルミレールの引き抜き強度が19.45kN(キロニュートン)、耐圧荷重も10t以上と大変強固な作りとなっており、養生時間を設けることなく基礎工事を完了させることが可能で、架台をスライドさせることでスピーディーな施工を実現させます。スラブに固定するボルト貫通穴が2ヶ所開いており固定が簡単。施工熟練者でなくとも均一な施工が可能です。
 
【兼新電機株式会社】
URL: http://kaneshindenki.co.jp/archives/191 (プレスリリース)
 
【SUN BASE概要】
太陽光パネルを取り付ける架台の基礎となるブロック。
スライドレールがついており、架台をスライドさせて取り付けることが可能。
従来の工法に比べ施工時間がかなり短縮される。
 
<施工技術・商品に関するお問い合わせ先>
 
兼新電機株式会社
e-mail:info_1@kaneshin.net 
TEL:052-361-4171 (平日 08:30~17:30)